パニック発作がやってきた35

パニック発作がやってきた35

パニック障害と自律神経失調症を発症した当初を綴る過去日記です。

対人関係が原因で発症し、会社はパワハラと認定してくれました。

そんな過去を少しずつ書いています。

パニック障害になってしまった人間の1例としてご覧ください。

 

継続記事になりますのでこの記事から読み始めても内容が分かりません。

始めて来られた方はシリーズその1から目を通していただけると

話の流れが分かります。

記事数も増えてきましたので暇つぶし程度に読んでいただければ幸いです。

 

 下のサムネから移動できます。
 

過去日記

パニック発作がやってきた

シリーズその1から

過去日記

パニック発作がやってきた

前回記事

日記

通常日記

記事リンクへ

A「そういう話を持ちかけたこともある。だけど断られるんだよ。」

僕「そんな関係になってるのに?」

A「向こうに経済能力が無いのが原因っぽいな。

  嫁自身は働くようなタイプじゃないから

  別れたら暮らしていけないんだろ。」

僕「そういうのって離婚を拒む理由になるんですか?」

A「1人じゃ離婚は出来ないからな。

  相手がハンコ押してくれないことにはどうにもならん。」

僕「なるほど。

  でも、じゃあいつ離婚できるか分からずにRさんと不倫してて

  Rさんは平気だって言ってるんですか?」

A「ああ、大丈夫だって言ってる。

  あいつもバツイチだし。

  そのことはゆうまる知ってたか?」

僕「いや、初耳ですけど…。

  離婚してRさんと一緒になれればいいんでしょうけどね。

  娘さんもまだ子供ですし、親権問題とかもあるんでしょ?」

A「ああ、親権は絶対嫁に渡さない。

  あいつ子供の面倒あまり見ないし。

  まあ、現段階では離婚も先が見えてるわけじゃないからな。

  娘のためには高校受験終えてからの方がいいかと思ってる。」

僕「今、中2なんですよね?丸2年近くありますけど?」

A「それはしょうがないだろ」

僕「2年近くRさんも待つって言ってくれてるんですか?」

A「ハッキリとは聞いてないけどな。

  子供の事考えたらしょうがないだろ。」

僕「そういうもんなんですか。

  僕は独身なんで、正直考えが追いつきませんけど。

  あと2年も親同士の会話を取り持つことになる子供の方に同情しますよ。」

A「そう言ってくれるなよ。これでも娘は俺に対して理解はあるんだ。」

僕「まあ無関係の人間が他人の家の都合をとやかく言うのは無いですしね。

  少し戻りますけど、じゃあ親権問題で対立とかもあり得るんですか?」

A「そうならないように離婚相談所で相談できないか探してるんだ。」

僕「ああ、そういうことも考えてるんですね。」

A「一応俺としては

  嫁が離婚してくれない理由は向こうにあると思ってるから。

  そこも含めて聞いてみたい。

  親権問題もそうだし慰謝料問題もあるだろう?

  相談してみて離婚する当たり

  俺側に不備が無かったと言えればベスト。」

 

こんな会話をしているとすっかり家の方まで着いていた。

Aさんを降ろし自宅までの車中

僕はこんなことを考えた。

 

離婚相談所で自分が有利になるように相談するのは良いとして

不倫がばれて話に出されでもしたら

態勢は良くてイーブン

悪くて大逆転もあるんじゃないか?

大逆転なんてことになったら

離婚できたとしても

親権を取られ

慰謝料も取られる

自分の予想していることと全く反対の結果が来るわけだ。

バレたら大変だ。

だがAさんはそこまで考えてはいないのだろう。

不倫のリスクってでかいんだな…。

いやぁ、勉強になるなー

見事な反面教師だわ。

そんなことを考えながら1つ重大なことに気づいてしまった。

 

あれ?

ってことはこの状況があと2年も続くのか?

このまま2年も付き合わされるのか?

……

おいおい…勘弁してくれよ…。

読んでいただきありがとうございました。

次回はパニック発作がやってき36です。

ランキングに参加しています。

応援して頂けると嬉しいです。