パニック発作がやってきた52

パニック発作がやってきた52

パニック障害と自律神経失調症を発症した当初を綴る過去日記です。

対人関係が原因で発症し、会社はパワハラと認定してくれました。

そんな過去を少しずつ書いています。

パニック障害になってしまった人間の1例としてご覧ください。

 

継続記事になりますのでこの記事から読み始めても内容が分かりません。

始めて来られた方はシリーズその1から目を通していただけると

話の流れが分かります。

記事数も増えてきましたので暇つぶし程度に読んでいただければ幸いです。

 

 下のサムネから移動できます。
 

過去日記

パニック発作がやってきた

シリーズその1から

過去日記

パニック発作がやってきた

前回記事

日記

通常日記

記事リンクへ

Aさんの奥さんが不倫への疑いを持ち出した。

その事実を知ったのは前回のGPSの件の数日後。

事の顛末は前回の話に遡る。

 

携帯のGPS機能を使えば

所有者(実際にはその携帯の所在だが)の所在地を探ることができるらしい。

多くの人には周知の事なのかもしれなかったが

アナログ人間且つ

ガラケーを長く使っていた身としては

携帯電話にそこまでの機能があるとは認知していなかった。

だからこそGPS機能を使ってまで

自分の所在地を確認しようとしていた

Aさんの行動に疑問を感じた。

GPSに関するやり取りの翌日

僕はAさんとこんなやり取りをした。

 

僕「昨日のメールなんだったんです?GPS機能を使って行動調査とかしたいんですか?」

A「いや、メールで送ったように昨日はRと居たんだが。」

僕「はい。」

A「実は、嫁にRの事を疑われてた。」

僕「え?なんかバレる様な事があったんですか?」

A「行動とか態度とかでバレるような事は無かったと思ってるんだが…。

  携帯電話の利用履歴と言うか、通話履歴があるだろ?

  それを見られて怪しまれてる。」

僕「携帯見られたってことですか?(履歴ぐらい消せばいいのに)」

A「いや、携帯を見られたわけじゃない。」

僕「?」

 「じゃあ、なんで?」

A「携帯電話会社から利用明細書を取り寄せたらしい。」

僕「ペーパーレス化が進んでデジタル明細になってるアレですか?」

A「ん~、ちょっと違うかな。」

 「どの番号に掛けたかとかが詳細に分かるやつがあるんだよ。」

僕「発着信履歴が全部見れるみたいなことですか?」

A「プラス通話時間とかもな。」

僕「ほう。」

 「で、奥さんは何でそんなものを取り寄せたんですか?」

A「俺の行動にどっか甘いところがあったかもなんだけど

  いや、ひょっとしたらさっき携帯は見られていないって言っておいてなんだが

  行動とか携帯とかどっかしかRに繋がる部分に気付かれたっぽい。」

僕「その明細には通話相手の詳細な名前とか出るんですか?」

A「いや。番号だけだ。」

僕「番号だけで気付きます?」

A「俺は私用ではあまり電話かけない方だったんだけど

  Rと付き合い始めてからよく電話使ってるから

  利用頻度か料金か…とにかくどこかで怪しまれたみたいだ。」

僕「でも、電話の利用が増えたところで相手がRさんだって分かるわけじゃないんですよね?

  さっきも言ってましたけど相手の番号までしか分からないんでしょ?」

A「確かにそれは俺も確認したんだが

  嫁にそれを踏まえた上で携帯の電話帳を見られたかもしれん。」

僕「あー、つまり」

  Aさんの電話の利用状況に違和感を持った奥さんは利用明細を取り寄せた。

  そこで1つの番号とのやり取りが多いことに気付いた。

  怪しんだ奥さんがAさんの携帯を覗き見してRさんの存在に行きついたかもしれない。

  ただ、覗き見したかまでは今は分かっていない。

  そういうことですか。」

A「まぁ概ねそうだな。」

僕「でも、仮に携帯の履歴を見られていたとしたら

  Rさんの名前で奥さんには女性が相手だったって分かっちゃってる事になりません?」

A「流石に俺もそこまで考えないわけじゃない。

  Rの名字までしか携帯には登録してないよ。」

僕「なるほど。(なんかお昼のワイドショーで出てきそうな話だな…。)」

  じゃあ、奥さんにバレてはいない…と?」

A「怪しまれてるのは確か。」

僕「なんか言われたんですか?」

A「この間、リビングの机にこの明細書が開いた状態で置いてあってさ

  目に入った瞬間に『あ!』って思ったわけなんだが

  直ぐに嫁に聞かれたよ。

  この電話番号って誰?って。」

僕「で、なんて答えたんですか?」

A「Rの名字言って、会社関係の人だって。」

僕「まぁ、間違いではないですけどね。」

A「んで、仕事関係の話で最近話すことが多いって伝えた。」

僕「女性かどうかは聞かれなかったんですか?」

A「その時はそれ以上聞いてこなかった。

  元々夫婦仲が良くなくて会話も無いってのもあるから

  俺と話す気にもならんって事かもしれん。」

 

なんだか随分な状況のようだ。

会話の続きは次回へ。

読んでいただきありがとうございました。

次回はパニック発作がやってき53です。

ランキングに参加しています。

応援して頂けると嬉しいです。