自律神経失調症ってどんな病気?

自律神経失調症ってどんな病気?

自律神経失調症は、自律神経のバランスが崩れてしまい、心身にさまざまな不調をもたらす状態を指します。

身体面の症状としては、頭痛や動悸、倦怠感など、精神面の症状としては、集中力の低下などが挙げられます。

自律神経失調症は、ストレスや生活習慣に関連して発症することがあるため、生活習慣を改善し、ストレスを軽減することが大切です。

原因

自律神経とは、交感神経と副交感神経のことを指します。これらは、循環器、呼吸器、消化器、泌尿器、生殖器、感覚器などの全身の臓器機能を自動的に調節している神経です。

自律神経失調症は、交感神経と副交感神経のバランスが崩れる、機能が亢進する、あるいは機能が低下することで発症します。

これら自律神経の機能が異常になる原因として、下記が挙げられます。

ストレス・生活習慣の乱れ

過剰なストレスがかかっている状況で自律神経の機能が異常になることがあります。

また、昼夜逆転の生活や睡眠不足、乱れた食生活など、生活スタイルに関連して乱れが生じることもあります。

更年期

更年期は、それまでのホルモンバランスが大きく変動する時期でもあり、この変化に体が上手く対応しきれないことによって自律神経失調症が発症します。

ホルモンバランスの変化という観点では、妊娠も原因となりえます。

症状

身体面のみでなく、精神面にも症状が出現します。また、出現する症状は非常に多彩です。

身体面の症状

さまざまな症状が挙げられます。

  • 頭痛
  • 動悸
  • 息切れ
  • めまい
  • 倦怠感
  • 不眠
  • 食欲低下
  • 腹痛
  • 下痢・便秘
  • 肩こり

など

自律神経の乱れが引き起こす疾患

メニエール病

ストレスなどが原因で内耳のリンパ液に異常が生じます。自分や周囲がぐるぐる回るめまいと、どちらか一方の耳にだけ起きる耳鳴り、そして難聴の3つが同時に起き、多くの場合、強い吐き気や嘔吐をともないます。危険な疾患ではありませんが、放置すると耳鳴り・難聴が進行します。

過呼吸性症候群(過換気症候群)

過剰な精神的ストレスが引き金となって、突然浅く速い呼吸を繰り返す疾患です。動悸や酸欠状態のような息苦しさを感じます。さらに呼吸のしすぎによって血液中の二酸化炭素が過度に減少することで、めまい、手足のしびれや筋肉のこわばりなどが生じます。息苦しさから呼吸をしようとして、さらに呼吸のスピードが速まる悪循環に陥ることもあります。

神経性胃炎

仕事などによる精神的なストレスや過労が原因となる胃炎です。ストレスや生活習慣の乱れなどから、自律神経がバランスを崩して胃酸が過剰に分泌され、気分がふさぐ、のどがつかえる、胸やけがする、胃が痛む、胃がもたれるなどの胃炎の症状を引き起こします。

過敏性腸症候群

腸のぜん動運動に異常が起こり、腹痛をともなう慢性的な下痢や便秘などを引き起こします。ときに下痢と便秘が交互に起こることもあります。何週間も下痢が続いたり、一時的に治まり、その後再発するという現象を繰り返すこともあります。検査で調べても、目に見える異常が認められないのが特徴です。

※上記疾患が心配な場合には、早めに医師の診察を受けましょう。

精神面の症状

  • 気力の低下
  • 集中力の低下
  • 涙もろさ
  • 怒りっぽさ
  • 不安感

など

なお、自律神経失調症は大人だけでなく、子供にも生じることがあります。子供において発症すると、頭が痛い、何となくだるい、などの訴えから、不登校の原因となることがあります。

検査・診断

自律神経失調症は、多彩な症状や背景に隠れているストレス因子、生活環境、身体各臓器の自律神経機能などを総合的に評価することで診断します。

ただし、同じような症状を呈する疾患との鑑別が必要になることもあります。たとえば、甲状腺機能低下症でも倦怠感や疲れやすさ、感情面の変化などをみるため、血液検査にて甲状腺機能を評価することもあります。

自律神経失調を示唆する症状は臓器によって異なるため、どの科を受診すべきかは最も気になる症状に合わせて決定する必要があります。

治療

自律神経失調症では、生活スタイルを整えることが重要です。具体的には、充分な睡眠やバランスのよい食事、適度な運動を心がけることが大切です。

生活スタイルの是正に加えて、自律神経調節薬やビタミン剤、ホルモン剤、漢方薬などを使用することもあります。どの治療薬をどの程度使うかは、人によって異なるため、担当の先生と相談しながら服用することが大切です。